肌は3構造の層の重なり表皮、真皮、皮下組織

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

表皮、真皮、皮下組織と皮膚の構造

表皮、真皮、皮下組織

 

この言葉は巷でも年齢に関係なく
言葉自体はよく耳にしますが
その役割と言われると
ちょっとハッキリしません

 

 

表皮

一番外側にあたり、
体内臓などを保護するため作られる
目に見える臓器といっても過言ではないでしょう。
厚みは0.2mm以下薄いです
この薄いのに体にとっては
とても重要な役割を果たします

 

「バリア」効果です
どんなものを保護するかというと、
その仕組みは、皮膚の構造の
もっともしたにある内臓です。
内臓をなにから保護をするのか

 

ホコリ

外的な汚れ、不純物、泥など人体で
構成されている中身以外の物質
ホコリの中には、ハウスダスト
ダニの死骸カビなども含まれます。

 

余談ですがプロピレングリコールは
以前調べたところそれ自体は害はなく
皮膚の浸透を促す作用がある物質になります

 

 

体内と皮膚にも水分量、
油分量と人体に必要ではありますが
経口から取り入れるものになります。
皮膚が水をはじき体内ーの
水分バランスとる役目でもあります。

 

そのターンオーバー皮膚の内側から
外側に出る仕組みが無くなると
人はどうなるかといいうと
水害事故で亡くなった状態を
想像してれいただければ
皮膚の大切さが理解できるでしょう。

 

 

他にも守るものとしては色々ありますが

 

一番保護する役割の対象は紫外線です

この紫外線を対処するのは
表皮一番上の皮膚といわれる
組織が必要不可欠です。

 

太陽光には放射光も含まれ良いものもあれば
人体に影響を及ぼす物質が
ある事がわかるでしょう

 

紫外線から守ることが出来なければ、
体に異常な細胞が起こり
がんの確率が非常に高くなります
日焼けをして皮膚が黒くなる、
ある意味では紫外線の浄化作業を行ってます。

 

一番上の表皮は体から内臓まで守っている
大きな役割を果たしております

 

 

真皮

皮膚の基礎を作る組織
ターンオーバーの元
肌の製造箇所といっていいでしょう

 

管理人は真皮の組織が潰れた場合
どうなるかを体で経験しました

 

10代のころ自転車でおもいっきり転んでしまい
その時に肘で受け身をしたため
肘に深い擦り傷を負ってしまいました

 

その時に通常の表皮表面上の
皮膚だけ擦り傷だけではなく
少しえぐれるような擦り傷でした

 

そうするとかさぶたではなく少し
湿るような肉汁と表現しますか
傷の修復もそのような内容になる

 

傷が治っても火傷の跡のような状態になり
そこからその傷は消えなくて後に残りました

 

というぐら表皮の場合は再生能力ありますが
真皮まで達していると
肌の製造機能にダメージがあるため
傷または変形した状態で再生されます

 

皮下組織

内臓体温調整の役割

 

これは表面的というか哺乳類で
体温調整をする生存に必要な機能で

 

皮下脂肪に近い存在です

 

表現するならば
皮膚と内臓の境目

スポンサーリンクス

皮膚の仕組みについて関連ページ

自己治癒
スキンケアや肌についての悩み
プロテイン
肌の栄養素