化粧水とクリームは肌荒れを防ぐのはバランスが大事

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

水分と油分と乾燥の関係

以前、乾燥肌に悩んでいました。
中高生の頃は、多少脂も出ていたんですが、三十代にもなると乾燥だけが気になって。

 

 

私の場合、乾燥すると痒くなってしまって、寝ている間にかいてしまうんです。

 

特に、目元や頬がひどくて、爪が伸びているとかいた時に血が出てしまい、
かさぶたになることもあったほどでした。

 

その乾燥肌は冬だけではなく、季節の変わり目も結構ひどかったですね、
髪の毛が肌に触れるだけでもチクチクしてしまうほど敏感肌になってしまっていました。

 

 

 

そこで私の中で思いついたのが、「クリームを塗ること」ベタつきが嫌いだったので
乳液やクリーム系は内心嫌だったんですが、保湿するクリームを塗りさえすれば乾燥はなくなるだろうと自分なりに考えたんです。

 

 

でも、残念ながら結果は「×」。
クリームを塗っただけでは乾燥は収まりませんでした、

 

そこで自分なりにいろいろ調べてみたところ、クリームを塗るだけではなく、
その前の化粧水等での保湿が必要だということや、油分水分バランスが大事だってことを知ったんです。

 

 

 

まずは保湿について。乾燥すると足りなくなるもの、それは水分です。
水分が足らない肌にいくら油分を与えても、肌は潤わないんですね。

 

 

まず最初にブースターなどを使い、化粧水をしみ込ませやすい状態にすること。
その後は肌がヒタヒタになるくらいパッティングすることが重要でした。
一度つけて、また乾いてきたらつける何度も繰り返してからその後、

 

クリームなどでふたをする。

 

 

それを繰り返していたら少しずつ肌の乾燥は収まっていきました。
少しの刺激で肌がチクチクするという敏感肌の状態も改善されました。

 

 

次に、油分と水分のバランスについて。
先ほど書いたように、クリームを塗るだけでも、化粧水をつけるだけでも、
どちらかひとつだけで肌の乾燥は収まりません。

 

 

肌の水分量を上げたい、と思ったら、
肌のバランスを保つような・・・そんなスキンケアが必要になるわけです。

 

 

 

例えば、皮脂の分泌量についてですが、
30代後半にもなると女性ホルモンの分泌が減り皮脂の量も激減します。

 

 

皮脂膜は、肌の表面にふたをして水分の蒸発を防いでくれるんですが、
皮脂が出なくなるとふたがなくなり、水分がどんどん蒸発してしまうのです。

 

 

分泌されないのであれば、もう外からカバーしたりして失う量をコントロールするのが得策で。
オイルやクリームを塗り、肌のモイスチャーバランスを整えましょう。
すぐに変化がみられることはありませんが、少しずつ改善していくはずですから。

 

そして食生活や体の中から生まれるもの摂取するものに注意をし
身体の油分水分量のバランうが整い

 

ホルモンバランスも整いはじめると初めてそこで一気に肌のきめ細やかさが出てきます。

スポンサーリンクス

水分と油分関連ページ

肌潤い
カサカサ肌の解消をするにはコツがあった
乾燥肌とは
乾燥肌のケアにするための知識とコツ
乾燥肌の見直し
スキンケア美肌にするためのコツとその解消
40代の乾燥肌
スキンケア美肌にするためのコツとその解消