乾燥肌なるほどそうだったのか

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

乾燥肌の仕組み

皮膚は、外側から角層、角質細胞、
その角質細胞の間を埋める角質細胞間脂質などでおおわれています。

 

おおわれることによって、
外からのハウスダストや化学物質などの
刺激物から皮膚の内部を守っているわけですが、

 

同時に皮膚の内側から水分が蒸発する量もコントロールしています。

 

保湿力を維持するための機能です。

 

 

角層と角質細胞は、それぞれが少しづつの隙間を開けて並んでおり、
この間から水分が蒸発して、適切な皮膚の水分量を守っています。

 

反対にこの隙間が空きすぎて、水分が蒸発しすぎてしまうのが
「乾燥肌」と言われるものです。

 

 

最初に角層と角質細胞は水分の蒸発を防ぐと同時に
外からの刺激から皮膚を守っていると書きましたが、

 

 

この外からの刺激が、角層と角質細胞の隙間が開きすぎて
皮膚の中に入ってくると、身体が痛みを感じる状態、

 

すなわち敏感肌になるのです。

 

ですので、乾燥肌と敏感肌は表裏一体のものだと言えます。

 

 

言葉を換えて言えば、
健常な肌は、この角層と角質細胞の間が
適切に詰まっているために、
皮膚の水分と油分のバランスが保たれ、

 

 

 

それによって、肌がしっとりと潤い、
弾力も保った状態になっているのです。

 

美しい健康な状態の肌。

 

 

では、その乾燥肌、あるいは敏感肌を
良くするにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

 

まず1番に考えなければならないのは保湿です。
保湿と言っても、外から水分を肌に与えるだけでは意味がありません。

 

与えるだけで、角層と角質細胞の状態が
もとのままならすぐに蒸発してしまって、
また乾燥状態に戻ってしまいます。

 

大切なのは、

角層と角質細胞の状態を元のきめの細かい状態に戻すこと、
そのためには、皮膚のターンオーバーを正しい状態に戻すことです。

 

 

それをするためには、規則正しい生活を送り、
肌に対してはマッサージを行い、
適切なスキンケアを毎日ししっかり行って、
肌の代謝をよくしてあげることが重要です。

 

 

そしてそのうえで、化粧水などをたっぷり塗って保湿を行えば、
皮膚の水分と油分のバランスがとれ、
皮膚の内部の水分は蒸発せずに残り、
細胞間脂質という角質細胞の間を埋める油分も適切になり、
外からの刺激にも結果的に強くなって、乾燥肌も敏感肌も治るのです。

 

まずは、皮膚の内部の問題です。
表面的な対処だけで終わらせないようにすることが大切です。

 

その内部を維持しやすい体内の環境を作るには

 

 

 

水分を摂取する

 

水を飲むといることですが、これは勘違いして
ジュースや糖類を含む飲料を水分として捉えがちですが

 

これは逆にしてはいけないことになります。

 

糖類は老化、酸化させる作用を強く持ち、血液の循環もめぐり悪くなるので
体温が下がりやすく、結果免疫、代謝が落ちターンオーバーの新陳代謝に影響が出ます。

 

まず糖類がないこと

 

カフェインも少なく

 

常温水であること

 

こまめに150cc〜200cc回数を増やすこと

 

体内の水分量を維持するには定期的な摂取をする心がけがあると内的要因で
乾燥肌の改善にもなります。

スポンサーリンクス

乾燥肌とは関連ページ

水分と油分
スキンケア美肌にするためのコツとその解消
肌潤い
カサカサ肌の解消をするにはコツがあった
乾燥肌の見直し
スキンケア美肌にするためのコツとその解消
40代の乾燥肌
スキンケア美肌にするためのコツとその解消