体の肌悩みコンプレックス克服方法

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

アトピーは2つの方法がある

私は小さい時から、アトピーであると診断されていました。

 

そしてその様に診断をされたときは、病院にいったことでわかったのです。

 

それまでは、どうしてこんなに体が痒いのだろうと思って、
他の人はなんでもないことが私だけ、
特別に痒くなるのはおかしいと思っていたのです。
なんとかしたいと思っていたのですが、どうしようもなく悩んでいたのでした。

 

 

あまりにも痒がる私の姿を見て、
私が5歳のときに、母親が悩んで病院に連れていってくれたのです。
アレルギー検査を受けることになりました。

 

アレルギー検査というのは、プリックテストというものです。

 

プリックテストでは、手の一部の皮膚に、アレルゲンの液をこすりつけることによって、
もしもアレルギーがあったら、手の箇所が赤くなったり痒くなったりするというものです。
結果、私にはのアレルギーがあることが分かりました。
その食べものには注意が必要となり、食べることを制限することになったのです。

 

アトピーやアレルギーのある人の肌には、定番として痒みを抑えることができる、
ストロイド剤を処方されました。

 

そのステロイド剤は、つけたその日から、とてもよく効果があるということを
実感することができました。

 

なんといっても、痒みを抑えることができることです

痒みを抑えることができる快感は、久しぶりであったので、
その時にもっと早く使用したかったと思ったことでした。

 

卵好きであった私ですが、
アトピーに関係すると知ってからは、
卵と鯖は取らないようにしていました。

 

また、最初のうちは、ステロイド剤に頼っていたのですが、
だんだんと症状が楽になっていたので、
薬も軽いものへと変更をすることができました。

 

痒みを抑えることができていますので、
最近では大人になってからは、
一切ステロイド剤を使うことがなくなっています。

 

 

かゆみには時々ありますが、以前の様に激しくなることはないので、
少しづつよくなってきたと感じることができます。

 

化粧品は自然の素材のものを使用し、トラブルもなく過ごすことが出来ています。
ステロイドも巷では使用しないほうが良いなど言われていますが
リスクはあるもののコントロールしながら、最終的には塗らないようにできれば
使用しても良いとおもいます、かゆみのレベルがあり、
激しく痒みの衝動があるならば薬で抑えて。

 

痒みが落ち着いたものであるなら、アロマや自然由来の乳液やクリーム
鎮痛作用があるノニ素材など、ナチュラル志向にシフトチェンジすればいいでしょう。

 

スポンサーリンクス

アトピーには2つ関連ページ

アレルギー
「奇妙な」という意味のアトピー原因は分かっていない
アトピー子供
体の肌スキンケアトラブル部位別に悩み解消を提案
水虫
体の肌スキンケアトラブル部位別に悩み解消を提案
乾燥肌
日本では冬の代表的な肌質