体の肌悩みコンプレックス克服方法

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

子供がアトピーといわれた

産まれた時はしわしわなものの、
しばらくするとつるつるぴかぴかになる
赤ちゃんの肌。

 

このまま綺麗な肌で育つと思っていると、
案外そうでもないという場合もありますね。

 

私の場合も思っていたよりも
赤ちゃんの肌にトラブルが多く悩まされました。

 

最初に出てきた症状は、
顔を中心としたブツブツとした
赤い湿疹のようなもので、

 

これはよく育児雑誌などにもある
「乳児湿疹」だと考えていました。

 

乳児湿疹は多くの赤ちゃんに起こって、
自然に消えていくというので
それ程気にせずにいたのですが、

 

一向に治りません。

 

それどころか月日が経つにつれて
首、耳と広がっていきました。

 

不安になって皮膚科を受診すると、
乳児湿疹ではなくアトピー性皮膚炎だと
診断されてしまいました。

 

正直とてもショックでしたね。
アトピーやアレルギーと聞くと、
なかなか治らない、
生活に色々な制限が出てくるという
イメージなので、わが子がアトピーと言われると
将来が少し暗く感じました。

 

 

ですが現実は現実として受け止めて
治療するしかないとも思いましたね。
子供のために症状が良くなる為に、
それだけを考えました。

 

まずは病院での治療をしっかり守る事だと思ったので、
小さな子供にステロイドを使うという事も、
痒みを抑えることの大切さも良く理解して治療しました。
ステロイドと言うとひと昔前には怖い薬、
とか脱ステロイドなどと言われていましたが、
今はきちんと医師の処方した用量を守っていれば
アトピーの治療には一番効果がある薬だと世間でも浸透してきていますね。

 

 

それと同時に、アトピーの原因探しも始めました。
日常生活の中でアレルギーの原因となる物を探して
取り除くことが大切なのです。

 

子供の場合は圧倒的に食べ物の事が多いそうなので、
食事をよく注意して与えるようになりました。
市販の加工食品には得体の知れない
原材料が使われていたりするのもその時に知った知識です。
なるべく自然な素材を使った手作りの料理を食べさせていると、
子供のアトピーもすっかり良くなりました。

 

 

衣類も静電気などで痒みを強く感じてしまう事もあるので、
なるべく自然素材のコットンなどの下着を選んで
痒みを抑えるようにしました。

 

特に冬場はただでも肌が乾燥して
痒みを感じるので注意するようにしました。

 

今はネットなどで様々な情報が溢れて
惑わされそうになりますが、
専門医の教えに従って本当に良かったと思っています。

スポンサーリンクス

アトピー子供関連ページ

アレルギー
「奇妙な」という意味のアトピー原因は分かっていない
アトピーには2つ
体の肌スキンケアトラブル部位別に悩み解消を提案
水虫
体の肌スキンケアトラブル部位別に悩み解消を提案
乾燥肌
日本では冬の代表的な肌質