乾燥肌

日本では冬の季節になると
湿度が下がり寒い時期です。

 

寒くて、乾燥する、肌にとっては過酷な環境になります。

 

寒くても湿度があれば肌の潤いは保たれやすいのですが
どうも日本の風土はそんな意味ではつらいですが

 

そうも言ってられないので、乾燥を防ぐ方法を考えましょう。

 

そもそもなぜ乾燥する

 

肌は内臓のバリアみたいな効果

 

厚い季節は紫外線を防いだり

 

体内の水分バランスを保つためだったり

 

その調整をするために皮膚、肌は過酷な環境を耐えています。

 

冬は外から水分を補充してあげなくてはいけません。

一見クリームを塗るのが効果的のように思えますが、

 

クリームだけでは効果は弱いです。

 

順番として

 

霧吹きや手を湿らせて、顔を湿らせた状態で
クリーム油分を塗ると肌、皮膚に皮膚をのせ
ダブルバリアの状態を作りましょう

 

そうすることで肌の水分が蒸発するのを防ぎます

特に効果的なタイミングとしては
、風呂上りの5分以内に
霧吹きの化粧水、水を体に吹きかけるか、
タオルで拭ききらない時に

 

そう湿った状態でクリームを塗ることにより
水分が見事に蓋した状態で好いとされていますか。

 

さらに効果の高い方法が
もう一度霧吹きをするがより保湿力が高くなります。

スポンサーリンクス