アレルギーは体の反応

俗説でアトピーの人は癌にならないといわれています。

 

そのいわれる根拠としては、アレルギーの反応が

 

 

身体の外に出るか、

 

 

身体の中に出るか

 

 

表現の違いがあるといわれています。

 

 

 

イメージするとガンの人は皮膚の状態が
案外きれいな状態が多くあります。

 

癌は細胞が異常になったもの、
アレルギーによるアトピーは体の拒否反応と
アトピーは排出する作業の連続になります

 

そのことから連想すると
排出できている間は表面的には
痛々しいものの
身体に蓄積することは少なく
身体に異変なものが溜まりにくい状態といえます

 

 

それに対しては表面に出ないという事は
排出する量がすくないとも言えます

 

必然的に体の中のガンはじめそれ以外の症状が起こりやすくもあり

スポンサーリンクス