肌は食べるものにかなり左右される

美肌を作るのに必要なことは
表面のスキンケアだけではなく
本質は内面の体の健康が
綺麗な肌をつくります。

 

 

 

ターンオーバー理論であったり、
肌の色は流れの良い血液から
作られることであったり
基本は体の内面を意識するべきです。

 

 

 

例えば添加物を
主に食している方の食生活と

 

できるだけ
無農薬、無添加の
食生活を過ごしている人では

 

管の流れの違いが出ます
その違いは肌質に現れます。

 

 

 

例えば肌の硬さ
ベビースキンやも
ちもち肌など言われるように
油分と水分のバランスが
良い肌は柔らかく弾力もあり
しわになりにく肌

 

 

服で例えるなら
シルクのような
きめ細かい繊維質の肌

 

 

逆に暴飲暴食で
バランスの悪い偏った食生活なら
肌の油分と水分バランスが悪く
乾燥肌になりがちです

 

 

そうすると体の中で不純物を
消化、浄化、解毒できず
肌の表面に吹き出物として
出たり肌が硬質化するので
非常にシワになりやすくなってしまいます。

 

 

 

しかしほとんどは表面的な症状でしか
確認できないの
でつい体の内面のことは関係ないと
思いがちなんですが

 

 

 

内臓、内面の結果論
その影響は
外側、肌に出てくるので

 

 

もう少し細かくいうと肌に出るということは
内面の危険信号が
ピークに達している状態でもある

 

 

美肌つくりを目指すならばそうなる前に
食生活を意識して見直すべきでしょう。

 

食事のメニューを変えるのが
難しい場合は
食べる順番とその比率
少しだけ飲み物を変えると
かなり肌の変化が出てきます。

 

 

 

その食べる順番は

 

1番目に繊維質、野菜など

 

2番目にタンパク質、お肉、大豆など

 

3番目の最後に炭水化物

 

 

 

しかも意外に思い違いが多いのが
肉は必ず摂取すべきです。
味付けにはできるなら
塩や醤油などシンプルが理想で
お肉の油分とタンパク質は
肌の素材の基盤になるので

 

 

比率は順番に

 

4:2:1

 

または

 

3:2:1

 

は野菜の繊維質

 

は肉のタンパク質

 

1はお米の炭水化物

 

この食生活バランスだと自然とダイエット
バランスの良い体にもなりやすです。

スポンサーリンクス