肌のお手入れの基本の洗顔

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

過度の洗顔でインナードライ

私は過度の洗顔から、インナードライになってしまいました。

 

 

 

それまで自分は脂性だと思っていたので、
高校の頃は脂性用のスッキリ系洗顔料を使っており、
洗顔回数は必ず一日2回行っていました。
なのに、なぜかニキビが出来る…。

 

 

 

顔はちゃんと清潔に洗ってるつもりなのに…と当時は真剣に悩んで
「もっと清潔にしないといけないんだ!」という単純な発想から、
休み時間も洗顔料で洗顔するようにし、
さらに肌を傷めさせてしまうことになってしまいました。

 

 

 

20代前半は、今までの洗顔方法にクレンジング、パック、
拭き取り化粧水、酵素パウダーなどを加えることになり、
さらに酷く乾燥してしまい毛穴は開いていきました。

 

 

 

それでも保湿でなんとか誤摩化せていたため、
私は「脂性だからもっと洗顔しないとニキビが出来る」と思い込んでいました。

 

 

 

以前から、保湿をして一見潤っているように見える肌なのに、
なぜか垢が大量に出るのが不思議で仕方ありませんでした。

 

 

 

洗顔方法に間違いと勘違い

 

垢は「古い角質」だと信じて、ピーリング系のものを使い、
角質除去を繰り返しているうちに、いつしか敏感肌となり、
今まで使っていた化粧品が合わなくなり赤くなったり
湿疹が出るようにまでなってしまいました。

 

 

 

20代後半になると、何を塗っても皮剥けが治まらず、
顔を動かすと突っ張りをかなり感じるようになったころ、
もしかして乾燥してる?とやっと気付き始めました。

 

 

丁度その頃に「インナードライ」という言葉を知り
「私のことかも!」と自覚しました。

 

 

脂性だと思っていたのは、実は肌内部の乾燥から皮脂が出ているからだと知り、洗顔方法を見直すことに…。

 

 

色々考えた結果、なるべく肌に負担のかけないケアにすることに決めました。
朝は洗顔はせず、かるく化粧水をコットンに含ませ拭き取ります。

 

夜だけ敏感肌用の泡洗顔料
(メイクはミネラルファンデなので洗顔料で落ちます)にし、
ピーリング等は使用しないことにしました。

 

洗顔料を流すときもシャワーで流すようにし、タオルではなく
ティッシュでポンポンと含ませるように水気を吸い取ります。
保湿はオイルフリーの化粧品にシフト。

 

 

乳液やクリームを好んで良く使っていましたが、油分の多いそれらよりも

美容液やジェルを主に使うようにしました。

するとあんなに酷かったニキビが簡単に治っていき、驚いてしまいました。

 

 

 

ニキビはアクネ菌が原因だと思っていたので、
洗うことや清潔にすることばかり考えていました。
その結果、乾燥肌に自らしてしまい、
乾燥ニキビが出来る悪循環に陥っていたようです。

 

 

押して駄目なら引いてみる…ではないですが、
お肌のケアにも同じようなことが言えると感じます。
それ以降、洗顔をしない日を作り、
適度にサボり気味のケアをしています。

 

 

昔よりも肌の調子が断然良いので、

 

私に合うケアがやっと見つかった気がします。

 

 

そのきっかけのサイト
PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

スポンサーリンクス

インナードライ関連ページ

質です
手入れの基礎洗顔
方法と材料
肌の手入れの基礎洗顔その方法に焦点
じっくり洗顔
洗顔はやさしく丁寧に時間を
正当方法
洗顔の王道の方法
綺麗な肌
手入れの基礎洗顔