肌ケアスクラブは方法が大事その次洗顔

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

洗顔方法ちょっとしたコツはあった、それは時間

洗顔に時間をかけるにはそれなりの理由があった。

 

 

夏は脂性、冬は乾燥症の私は
量販店で売っている洗顔料を使っていました。

 

大人ニキビにも季節を問わず悩まされていました。

 

量販店の洗顔料をいくつか試しましたが、
どれも夏は洗った時は良いのですが、時間がたつと元に戻ってしまい、
冬は乾燥肌がますます症状が悪くなってしまいました。

 

そこで思い切って、ネットで販売している
ちょっと価格の高い物を購入し、洗顔のやり方も勉強して実行しました。

 

 

洗顔方法は


まず、一番最初に手をしっかり洗います。
ばい菌・雑菌だらけの手で洗顔すると
泡がばい菌だらけになるのでその泡で洗うという事は、
顔にばい菌を塗っているようなものです。

 

泡の中にばい菌が入らないようにする事です。

 

洗顔の前に顔をぬるま湯で洗います。

 

そうする事によって、ある程度大きな汚れはおちます。

 

熱いお湯を使わずに30℃くらいのお湯か水を使います。
泡が入るので、ほとんど手が顔に触れる事はありません。

 

洗顔料をしっかりと泡立てて、適度な弾力や十分な量がないと、
どうしても肌に手が触れてしまいます。

 

手が肌に触れた状態で洗っても、肌に負担をかけるだけです。

 

顔全体をまんべんなく、泡だけでクルクルと転がすように洗うのが良いです。

 

 

肌の汚れを落とし過ぎるのは禁物なので
洗う時間は30秒から1分以内で洗うのがベストです。

 

清潔なタオルでゴシゴシせず、顔にあてて吸収させるように水を取ります。
洗顔は肌が本来持つ水分まで奪ってしまうので
できるだけ早めに化粧水で保湿します。

 

「美は一日にしてならず」という言葉を頭の隅に置きながら毎日続けました。

 

 

この洗顔方法を始めてから、
夏は脂性が治り、時間がたっても大丈夫になりました。
冬も乾燥肌が治り、うるおいを保ちつつも、大人ニキビまでなくなりました。

 

洗顔料も量販店で売っている物は10代の方にあっているのが多いようです。
大人ニキビにあっているものを選んだ方が良いと思います。
洗顔料も大切ですが、結局洗顔方法が一番大切なのではないかと思います。

スポンサーリンクス

方法と材料関連ページ

インナードライ
手入れの基礎洗顔
質です
手入れの基礎洗顔
じっくり洗顔
洗顔はやさしく丁寧に時間を
正当方法
洗顔の王道の方法
綺麗な肌
手入れの基礎洗顔