洗顔の正当な王道の方法

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

今までのやり方の洗顔方法は実は目違っています

若い頃から、入浴時と朝に必ず洗顔料でしっかりと顔を洗っていました。

 

20代の頃までは特に問題はなかたのですが、
年齢を重ねるごとに、徐々に肌が乾燥しやすくなってきました。

 

もちろん、洗顔後のスキンケアもしっかりと行っているつもりです。
スキンケアを行った直後は肌が潤っています。
ですが、日中時間が経つにつれ、
徐々に乾燥して肌がツッパル感じがあります。

 

 

肌が乾燥しやすくなったことで、ニキビもできやすくなりました。
しかも、一度ニキビができてしまうと、
なかなか治りにくいのでとても困りました。
どうやら、肌の乾燥は大人ニキビなどの肌トラブルの原因にもなるようです。

 

 

こうした肌トラブルが増えてきたことで、
若い時と同じような洗顔法やスキンケアをしていてはダメだと感じました。

 

ネットや雑誌で正しい洗顔法を調べてみたところ、
私の洗顔法自体が間違っていることに気づきました。

 

私は熱いお湯で洗った方が、サッパリ感があるし
皮脂もしっかり落とせるのでいいかと思っていたのですが、
どうやらそれは乾燥しやすい肌を作ってしまう原因だったようです。

 

 

熱いお湯ではなく、人肌ぐらい38度のぬるま湯で洗うのが正しかったようです。

 

また、洗顔料も結構たっぷり朝晩欠かさず使用していたのですが、
適量をしっかりと泡立てて、泡でやさしく洗うと言うのが正しいようです。

 

乾燥肌であれば、朝はぬるま湯のみで洗うなど、
毎回洗顔料を使う必要はなくかえって
洗顔料の使用頻度がありすぎると
保湿するための皮脂すら落としすぎてしまいます。

 

 

 

 

そのことを知ってから、入浴時には洗顔料を使用しますが、
朝はぬるま湯のみで洗うようになりました。
また、ゴシゴシするなどの洗い過ぎに気をつけるようにし、

 

やさしく洗うようにしました。顔に残った水分を
拭き取る際にもタオルを押し付けて行うようにし、
擦るといった肌を傷つけやすい行為も避けるようにしています。
肌が傷つくことでも、乾燥しやすくなるのだそうです。

 

特に、洗顔料やスキンケア商品を変えたわけではなく、

洗顔法を変えただけで

だいぶ、肌の調子が変わってきました。
正しい洗顔法で行うようになってから、
あれほど乾燥しやすかった肌の保湿力が増し、
落ち着いてきました。それとともに、自然もニキビもあまりできなくなりました。

スポンサーリンクス

正当方法関連ページ

インナードライ
手入れの基礎洗顔
質です
手入れの基礎洗顔
方法と材料
肌の手入れの基礎洗顔その方法に焦点
じっくり洗顔
洗顔はやさしく丁寧に時間を
綺麗な肌
手入れの基礎洗顔