肌は洗顔の方法で美肌にあるか荒れ肌になるかの分かれ目

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

短時間洗顔になっていませんか?

化粧品のテレビCMに出ているあの女優さんのような、透明感のある美肌。
あの化粧品を使えば、あんな風になれるかも…と期待して使ってみたけど、
イマイチ効果が出ない、なんて経験はありませんか?

 

当然です。
だって人それぞれ、肌の特徴は違うのです。
他の人の肌がきれいになったからと言って、自分の肌も必ずしもきれいになる訳ではありません

 

しかし、美肌になるために誰でも共通しているできる事があります。
それは、「洗顔に時間をかける事」です。

 

実際に私自身、従来は洗顔が面倒くさくてかなり短時間で洗顔を終えていました。
チューブ状の洗顔料を軽く手ですり合わせ、ちょっと泡立ったらそのまま顔に「塗る」ように洗顔をしていました。
ささっと全体に延ばしたらもう洗えた気になってざっと流す。私の洗顔にかける時間はせいぜい1~2分でした。

 

そんな短時間洗顔を、がらっと変えた事で驚くほどニキビや乾燥が改善されたのです。

 

まず、チューブ状の洗顔料は必ず泡立てネットでしっかり泡立てます。
メレンゲのようにツノが立つ泡が理想です。ここまで泡立てるのに1分はかかります。
続いて、こんもり泡立てた洗顔料を優しく顔に乗せます。
全体に行き渡ったら、泡の上から手をくるくると円を描くように動かしていきます。

 

イメージは、ふわふわの綿をなでるような感じ。顔を洗うというよりは、
顔の上の泡を動かすだけのわずかな力で動かします。
これをマッサージ感覚で4~5分かけて行います。

 

泡を流す時も、油断は禁物です。髪の生え際や耳、首に泡が残らないよう、念入りに泡を洗い流します。
流すのにも1~2分はかけましょう。
このように、時間をかけて顔を洗うようにしただけで、
ニキビや肌荒れはほどんどなくなり、気になっていたツッパリ感や乾燥もしなくなりました。

 

 どんなに良い化粧品を使っても、あなたが短時間洗顔をしてしまっていては、
良い化粧品の効果も十分発揮できません。

 

その前にまず必要な事は、良い化粧品を使用する土台を整備することなのです。
整備されていない土の上でいくら水を与えていたって、きれいな花は咲きません。
土をキレイに整備して、水を与える事でやっときれいな花が咲くのです。

 

あなたの洗顔は、短時間洗顔になってしまっていませんか?
今日からはぜひ時間をかけて、丁寧に洗顔してみましょう!

スポンサーリンクス

じっくり洗顔関連ページ

インナードライ
手入れの基礎洗顔
質です
手入れの基礎洗顔
方法と材料
肌の手入れの基礎洗顔その方法に焦点
正当方法
洗顔の王道の方法
綺麗な肌
手入れの基礎洗顔