顔の洗顔方法は質が大事

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

洗顔は回数ではなく実は質なんです

同じ人物でもスキンケアは年齢によって変わります。
10、20代の頃の洗顔は、洗顔フォーム
で朝晩しっかり洗うという方法でした。

 

 

特にニキビがすごくたくさんできていたので、
ニキビの元となる皮脂が気になり、
除去するのに必死でした。

 

 

 

思春期のニキビは、清潔を心がけていれば
できないと思っていたのもあります。

 

洗顔フォームはオイルカットで、ニキビも予防でき、
美容成分も配合されているので肌に良く、
しかも低価格で購入できるという、良い洗顔料でした。

 

 

 

化粧を始めると肌質が少し変化がる

 

でも、お化粧をするようになると、
余計に皮脂がでてくるようになり、
なおさら洗顔は長い時間かけていました。

 

 

 

一番困ったのは、朝洗顔してお化粧すると、
次の瞬間には皮脂がでてきて
小鼻やおでこがテカテカになることでした。
ニキビは相変わらず顔中にできるけど、
頬やこめかみなどは粉をふくぐらい
乾燥する混合肌でした。

 

 

 

こんなに皮脂がでるので、
もちろん化粧水はさっぱりタイプを選び、
その他の化粧品選びにも苦労しました。

 

 

 

そして、20代の終わりに結婚し、
気合を入れてお化粧をしなくても
よくなった日々になると、
段々洗顔がおっくうになってきました。

 

 

特に忙しい朝。
思い切って朝は水でぱぱっと終わらせるようにしました。
すると、なんだか顔のテカリが少なくなってきたように思えました。

 

洗顔料も変えて、美容成分が一切配合されていない
洗顔石鹸
にしてみました。
そうすると、みるみるうちにニキビが減ってきたのです。

 

 

このままお化粧をしても、何の違和感もなく普通にファンデーションがのるのに、
えっ!となりました。

 

しかも、その方が顔中がしっとりぐらいで、
以前のような混合肌ではなくなっていました。

 

 

夜の洗顔方法もゴシゴシと丁寧にするのにではなく、
泡をたくさん立ててそれを肌にポンポンとのせ、
クルクルと優しくなでるようにする方法に変えました。

 

 

 

泡が顔全体に行き渡れば、
5分ほど泡パックして優しく洗い流します。
最初はしっかり落ちているのか不安でしたが、
小鼻やおでこのぬるっと感はなくツルツルになります。

 

 

 

この方法に変えてから、湯上りの顔のつっぱりがなくなりました。
洗えてないと思うぐらいが皮脂バランスがとれてちょうど良いようで、
長年の肌トラブルから解放されました。

 

 

そのきっかけのサイト
PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

スポンサーリンクス

質です関連ページ

インナードライ
手入れの基礎洗顔
方法と材料
肌の手入れの基礎洗顔その方法に焦点
じっくり洗顔
洗顔はやさしく丁寧に時間を
正当方法
洗顔の王道の方法
綺麗な肌
手入れの基礎洗顔