自己判断だけでは危険な脂性肌の原因

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

あなたの肌はほんとにオイリースキン

私は以前から自分のオイリーな肌に悩んでいました。
Tゾーンの周りはいつもギトギトとした皮脂が出ており、
毎日油取り紙を使っていました。

 

またニキビが出来やすかったので、
洗顔は1日2回は欠かさずに行っていました。

 

メイクのファンデーションも
オイルが少ないものに変えたり、
下地もオイルフリーのものにして
自分なりに対策をしていました。

 

 

家に帰るとさっぱりしたくて、
すぐにメイクを落とし、洗顔をしていました。

 

洗った後の肌質はキュッキュとしてて好きだったのですが、
よく見ると粉を吹いてる
そして、不思議なことに少しでも保湿が足りなくなると
顔が酷くツッパってしまうのです。

 

 

私はオイリー肌なのに…なぜだろうと
不思議な気はしていました。

 

そしてそのままオイリー肌のケアを続けているうちに
段々肌が硬くなり、化粧水も
あまり入っていかないようになりました。

 

 

すると数年たったある日、
風邪を引いて数日間顔のケアを怠っていると、
顔が急に赤くなって急激にツッパってしまうようになり、
ついには皮がボロボロ剥け始めてしまいました。

 

皮膚科に行くと「累積性皮膚炎」との診断がでました。

 

 

実は、皮膚炎になる以前から
極度のインナードライに陥ってたようで、

 

水分と油分のバランスが極端に悪くなっており

 

肌のバリア機能も低下してたようです。

 

 

 

顔から出る脂も、
勝手に「脂性」だと勘違いしていましたが、

 

肌の内部が乾燥したことにより
乾燥を防ごうと皮脂が沢山出ていのかもしれません。

 

 

そんな状態だと気付かずに、
勝手に自分はオイリー肌だと勘違いし、
W洗顔を毎日繰り返し
アルコールの強い拭き取り化粧水で
ゴシゴシ丁寧に拭き取ったり、

 

時にはピーリングもしたりと
余計に乾燥を助長させてしまっていました。

 

 

皮膚炎になってしまった後は、洗顔も控えるように言われ、
保湿剤もワセリンなどの天然成分を使用することにしました。

 

メイクも止め、洗顔の回数を減らしたことが良かったのか、
数年かかってやっと赤みや皮剥けも治まり、
正常な状態へ戻っていきました。

 

ただ、以前は保湿アイテムでカバーしていた肌も、
それらを止めたことによりいまだに乾燥状態は続いています。
気付かなかったけど、もう自分の肌では潤せない状態に陥ってたようです。

 

 

保湿をしていると自分が今、
どんな肌質なのかわからなくなってしまうことがあります。

 

水分と油分のバランスが正常に保ててるか知るためにも
時には一時的に保湿アイテムの数や種類を減らして
自分の本当の肌は今どうなってるのか知る必要があります。

 

もし、乾燥してるようだったら
洗顔料の使用を控えたり、
拭き取りクレンジングだけで終わりにしたり、
色々な方法でさらなる乾燥を防ぐことはできます。

 

脂性だと思ったら
保湿アイテムの数を減らしても問題ないでしょう。
これにより手間もお金も減らすことができますね。

 

脂性だと自分で思っていても、
私のように乾燥からくる脂性ということもあるので、
一度保湿アイテムの数を減らしてみて、
自分の肌でちゃんと潤せるか確認してみた方が良いかもしれません。

 

または専門家や医師の相談カウンセリングは定期的に必要かもしれません。

スポンサーリンクス

真実関連ページ

洗顔
スキンケア美肌にするためのコツとその解消
解消
スキンケア美肌にするためのコツとその解消