痒くなったときこれだけはしてはいけないこと

そのきっかけのサイト PR:酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

痒くなるとについしてしまうこと

肌の保湿を守る方法のコツ

 

 

肌にかゆみを感じると、人の心理は
かゆみイコール不潔と連想します。

 

 

それは不潔ななイメージを連想させるような
メディアCM_のイメージシーンなどの影響が強く出ています。

 

 

間違いではありませんが、
痒みの原因は不潔だけではないということです。

 

 

特に近年では、清潔にしているのに痒みを伴う症状を
テレビ、メディアをはじめ身近な人にもこっそり聞くと
かゆみの症状を訴える人は多くなりました。

 

 

その原因は様々ありますが、
一つの考えとして洗いすぎの原因が考えられます

 

 

最近の日用品としては
ボディーソープ,石鹸、シャンプー、リンス、コンディショナーなど
洗浄力が強いものが多く、
身体に必要な皮脂まで洗い落としてしまうものもあります。

 

 

 

その気持ちになる心理の流れとしては

 

少しの痒みを感じる

 

「不潔なのかな?」

 

「もう少し綺麗に洗わないと」

 

 

 

次の日

 

2度洗いをするのが心理的に起こす行動になります。

 

 

けど

 

「かゆみが酷くなった」

 

「もう少し洗いあがりの良いボディーソープつかおうか?」

 

 

 

となって新しい洗浄効果高いや
殺菌効果抜群というフレーズの
石鹸、ボディーソープを購入してしまいます。

 

 

この洗いずぎる原因の痒みの人は
このスパイラル悪循環に一度
はまるとなかなか抜け出せません
なぜ抜け出せないかというと

 

 

かゆみ=不潔=知り合いには相談しにくい
かといって病院に行くにも、
薬局に薬剤師の人に相談すればいいの?

 

 

というように人に相談しにくい内容なうえ
更にはかゆくなる場所によっては、
だれにも相談できなくなります。

 

 

なので

 

かゆくなると綺麗に洗うというのは
そうなってしまった原因を
まず自分で見直す必要があります。

 

 

生活習慣病?

 

 

食生活?

 

 

日用品の種類?

 

 

洗いすぎ?

 

 

 

そしてその記事では
洗いすぎの見直しをしました

 

特に冬の乾燥する時期

 

肌の表面も水分が
失われやすくなる環境で

 

洗いすぎることにより
皮脂の油分バランスが崩れることにより
体内の水分が蒸発して
肌がカサカサの状態になっていきます。

 

 

皮脂というのは体内の水分を逃がさないためにする
重要な役割蓋のような存在になります。

 

 

洗いすぎないようにするには
冬場汗が出にくい時期は
2日に1度のお風呂にする
いや不潔という人は

 

2日に1回その間一日は
タオルで体を拭く

 

いやいや
毎日お風呂に入らないといけないでしょう

 

 

そんな人は
2日に1回
シャンプー、ボディーソープ、石鹸を使わず
お湯だけで洗う。

 

 

お湯だけ?

 

 

 

とにかく何かしら洗いたい人は
自宅でも簡単に取り付けられる
マイクロバブル、シルキーバスなどの
シャワーヘット のこだわりか、

 

 

あとは日用品のこだわりを見るしかないですね。
酵素と日用品の販売サイト登録は無料になります。

スポンサーリンクス

かゆくなるととる行動関連ページ

掻く
スキンケアや肌についての悩み
再生
スキンケアや肌についての悩み
攻める肌
スキンケアや肌についての悩み